スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりぼっちの宇宙戦争

ドラえもんの生みの親、藤子・F・不二雄が描く短編マンガ、その一部が2ちゃんねるに転がっていたので紹介する。

大脳生理学
あらすじ
主人公鈴木太郎は空想的なことが好きな、特に頭が良いわけでもなくこれといった特技も無い中学生。彼は全地球人の中からの無作為選抜によって、地球全ての運命をかけてハデス星と戦う宇宙戦争の戦士に選ばれてしまう。 惑星間の全面戦争は宇宙の国際法で禁止されているため、代闘士と呼ばれる各星の代表をたてて一対一の勝負をさせることで決着をつける。太郎の相手となるハデスの代表は、公平を期すために作られた彼の能力をコピーしたロボットであった。時間が停止した特殊な空間の中で、知力も体力も全く同じながら恐怖やためらいといった人間的感情を持たないロボット相手に、地球の誰もが知ることの無い太郎の孤独な戦いが繰り広げられる。
スポンサーサイト
フリーエリア
案内

花瓶ちゃん

相互などのご連絡は↓
hypernews2ch@gmail.com
ケータイ
QRコード
フリーエリア
フィードメーター - Hyper News 2ch
あわせて読みたいブログパーツ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。