スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google会長 「今後5年以内に中国語が支配的言語になる」

180px-Eric_E_Schmidt,_2005_(looking_left) 1 :ノイズh(東京都):2009/10/27(火) 19:45:50.45 ID:tb+95th4
今後5年以内に中国語がインターネットの支配的言語になると、Googleのエリック・シュミット最高経営責任者(CEO)兼会長が見通しを示した。

シュミット会長は21日、米国フロリダ州オーランドで開かれた情報技術(IT)関連の会合で講演し、「中国語では、ウェブ上で支配的な言語になるだろう」と話した
現在、インターネット上で最も多く使用される言語は、断然英語で2009年現在、全体の29%を占めている。中国語は22%で、スペイン語 8%、日本語6%と続く。

中国の躍進は、中国語ユーザーのインターネット利用が爆発的に増加したためで、過去10年間、英語のユーザーは237%増に対し、
中国語のユーザーは1,018%増だった。シュミット会長は、このような増加傾向は今後も続くものと見ている。

また、シュミット会長は、10代の変わったインターネット消費の面に注目しなければならないと指摘した。TwitterとFacebookのような個人的な生産のコンテンツの普及とともに、今
後のインターネットの情報量は急速に増えるものと予想される。シュミット会長は「ネットユーザーらが情報の海で溺死しそうだと考えるのに反して10代の若者は数多い情報をすっきりと整理する能力を持っている」と話した。


ソース
http://rocketnews24.com/?p=17641
スポンサーサイト
フリーエリア
案内
相互などのご連絡は↓
hypernews2ch@gmail.com
ケータイ
QRコード
フリーエリア
フィードメーター - Hyper News 2ch
あわせて読みたいブログパーツ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。