スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某社CM「無料で遊べる携帯ゲームです^^」→小3男児に8万円請求

1 :ノイズn(関西地方)[sage]:2009/10/10(土) 17:11:06.18 ID:4CLdgnpd
「無料で遊べる」携帯ゲーム高額請求相次ぐ

「無料で遊べる」とうたう大手携帯ゲームサイトから高額な情報料を請求され、ト
ラブルになるケースが相次いでいる。

5歳の子どもが親の携帯電話で遊ぶうち、10万円もの高額アイテムを購入してしまった事例も。
親は電話料金に上乗せされた請求を見て初めて気付くことが多いという。
国民生活センターは携帯電話会社などに対し、高額請求の場合は一時的に請求を止めて調べるなどの改善策を求めた。

山形県内の主婦(37)が、ソフトバンクモバイルからの請求金額が急増したことに気づいたのは今年5月。
明細には「情報コンテンツ料 4万5150円」とある。小学3年生の長男(9)に聞くと、
大手サイト「グリー」で自分の分身(アバター)を飾るアイテムを買っていたという。

ゲームは原則無料だが、アバターを飾ったり、ゲームを有利に進めたりするための特別アイテムは有料で、
1点5250円するものもある。テレビコマーシャルでは「無料で遊び放題」などとうたい、
有料サービスがあることは読み取れないほど小さくしか表示されていない。

購入方法は、携帯画面上の「購入」ボタンを押すだけ。ドコモやauでは
有料サービスを受ける際に暗証番号の入力が求められるが、ソフトバンクは入力を省略しており、
長男は母親に無断で何度も購入していた。請求額は翌月分も含めると8万円近くに上った。

ソフトバンクは当初、「請求通り支払ってほしい」として相談に応じなかったが、
その後、地元の消費生活センターを経由して再度連絡を取ったところ全額返還された。
主婦は「無料だと思って安心して遊ばせていたのに」と振り返る。

ソフトバンクの話「返金は個別対応しており、件数や金額は明かせない」

グリーの話「未成年者の利用について苦情があれば、状況を確認し返金も含めて個別に対応する。苦情や相談の件数は公表していない」
(2009年10月10日14時44分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091010-OYT1T00578.htm

スポンサーサイト
フリーエリア
案内
相互などのご連絡は↓
hypernews2ch@gmail.com
ケータイ
QRコード
フリーエリア
フィードメーター - Hyper News 2ch
あわせて読みたいブログパーツ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。